国会の閉会中審査でも議論の中心となった加計学園の問題。
この問題はもともと、獣医師不足と規制改革の問題に端を発したものでした。

 「特に地方で獣医師、とりわけ検疫などを行う公務員獣医師が不足しているのに、
獣医師会の反対で何十年間も獣医学部の新設が実現しなかった。
その規制改革のため、特区制度を活用し、獣医師が不足している地域の大学に獣医学部を創設する」
という議論だったはずが、その手続きのなかで総理の旧知の友人の大学が(少なくとも結果的に)選ばれたことで、
問題がこじれました。

 安倍総理による「権力の私物化」があったのか、文科省官僚による忖度があったのか、
といった証明のつけにくい問題は、ここでは置いておきます。
むしろ重要なことは、総理をはじめ、獣医学部新設を進める立場の人々が展開する、
「獣医師不足を解消するために、それを阻む『岩盤規制』の打破そのものに意義がある」という主張です。

 確かに、地方、なかでも獣医学部を備えた大学のない四国では、
とりわけ検疫などに携わる公務員獣医師の不足が深刻です。
しかし、データで国際的に比較すると、「日本全体では獣医師は不足していない、むしろ多いくらいである」ことが分かります。
だとすると、問題は獣医師が特定の地域や職種に偏っていることにあるはずですが、
獣医学部の新設という「供給の増加」で臨むことは、解決策としては疑問が大きいといえます。


獣医師の各国比較

 まず、大前提として、日本の獣医師のデータについてみていきます。
各国との比較で用いるデータは世界動物保健機構(World Organization for Animal Health)のデータベースのものを用います。

 図1は、これによって得られた、日本の獣医師の数です。
ここから、この10年間で獣医師が少しずつ増えていることが分かります
(2年ごとに数値が同じ個所が目立つのは、日本獣医師会が隔年で世界獣医師会に報告しているためとみられる)。


続きはソース
https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20170726-00073754/

コメント一覧
前川さんはヤクザみたいな話し方で有名な人やで
安倍は嘘ばかりだな
早く日本から追放しよう
+160人はやりすぎたね
>>1
犬、猫で寂しさを紛らわす底辺層のせいで紛い物の医者が蔓延るんだろう、この国は
>>3
お先にどうぞ
全体の獣医師は足りているが
公務員獣医師が足りないから獣医師の偏在が問題だと
獣医師会とズブズブのタマキン先生もおっしゃっておられるぞ
>>1
日本の獣医師の多さに驚愕www
どんだけ
先進国でダントツじゃん
特に家畜じゃあまりすぎやんけ

ペットでも世界2位の多さって
共産党カクサン部
https://akasaka.keizai.biz/phone/column.php?id=14

――その頃から「YES、高須クリニック」という有名なコピーで活動を?

うん、あれは自分で考えたんだよ。僕は肯定的に物事を考えるのが好きでね。なんでもポジティブな姿勢であることが大切だと思ってるの。
日本人って何か言われると、「取りあえず検討します」とか言って保留してしまうでしょ。
だけど、どんな難題でも「YES」と言ってからの方がより建設的な話ができるはず。